チェックしてまさか自分が!?友達のススメでやったうつ病診断

うつ病の症状と原因

【今や国民病?!身近な病気うつ病とは】
現代病とも言える「うつ病」。
生涯を通じて10人に1人は発症すると言われています。
年々、患者数は増加していて既に97万人以上の患者が国内にはいます。
他にも精神疾患はたくさんありますが、全体で320万人と言われており、そのうちの1/3を占める割合となっています。
「こころの風邪」と表現されるくらいこころの問題と考える人が多いですが、この病気はからだにも症状が現れます。
発症のリスクは誰にでもあって、原因も明確にはなっていますがその人の「環境」が大きく影響すると考えられています。
また先天的な要因もあると考えられ、発症しやすい人がいることも分かっています。
いずれ自分の身に起こるかも知れない病気になるので正しくこの病気について理解しておくことが大切です。

【どんな症状が起こるのか??】
◎こころの不具合
うつ病の特徴とされる症状は以下の様になっています。
・抑うつ状態
・意欲や関心が低下
・思考力の低下
などになっています。
またはじめの発症の初期段階では、ほとんどの人が「強い不安感」を感じると言われています。
◎からだへ起こるもの
・睡眠障害
・強い疲労感や倦怠感
・ホルモン分泌に異常
・食欲の低下、反対に増加
などになっています。
からだへ起こるものはこれだけに限らず、頭痛や便秘など様々なことが起こるので辛い負担となります。

【色々なことに使用できる万能薬】
治療の最初には「デパス」が使われることがあります。
これは抗不安剤になり、強い不安感を改善することで気持ちを落ち着けることができます。
また、睡眠導入剤としても使用できるので不眠症を改善することもできます。
他にも、
・緊張性の頭痛
・肩こりや腰痛
などにも効果があるとされ、デパスはからだとこころへ起こる不具合を調整し整えてくれます。
「効いている」と服用した人が感じれる作用の強さもあり、薬の切れもよいので不快感なども残りにくいです。
またデパスは純国産の薬になっているので、海外の製品よりも信頼して服用できるはずです。