チェックしてまさか自分が!?友達のススメでやったうつ病診断

デパスの効果・効能

社会で生活をするにあたり、ストレスを多く感じることは、誰にでも経験があるでしょう。
長い期間、感情や意欲などに支障がでたり、睡眠の異常や食欲不振など支障が続いたり、こころの不調は、うつ病の特徴であり、もよく耳にします。
うつ病の症状には、気分の落ち込み、やる気が起きない、意欲がわかないなどの精神的症状とともに、不眠や食欲不振や疲労感や倦怠感などの身体的症状の2種類があります。

では、うつ病は、なぜ起こるのでしょうか?
未だに原因は、よくわかっていません。報告されている範囲では、脳の神経の伝達物質の働きが悪くなり、ストレスや環境の変化などの理由がいくつも重なってうつ病の症状があらわれると考えられています。

どのような治療を行えばよいのでしょうか?
うつ病の治療には、いくつかの治療法があります。
まずは、十分な休養をとる療法です。例えば、仕事や対対人関係で心身ともに疲れている心と身体を何もしないようにして、ゆっくりと休養とりリフレッシュさせる治療です。
医師やカウンセラーなどと会話をすることで否定的な思考を柔軟な思考へ移行し問題を解決させる精神療法もあります。
また、医師から抗うつ薬が処方される薬物による治療は有効と言われています。

今回は、薬物療法に着目して、そこで使用されているデパスとエチラームという薬品の紹介をします。

デパスを1984年に日本で販売され、気分をリラックスさせて、効果がデパスというチエノジアゼビン系精神安定剤です。
このデパスの最大の特徴は、非常に安全性が高く、依存性も強くない副作用の起こりにくいことです。
また、服用後、30分~1時間の効果かあらわれ、3時間ほどで作用が弱くなっていく持続時間の短い薬です。
使用用法は、個人差によって異なりますが、0.25mg・0.5mg・1mgの錠剤がありますので、1日に3mgを上限とした用量て服用します。
副作用の起こりにくいといわれますが、眠気、ふらつき、倦怠感などが報告されてますが、もし疑問に感じることがありましたら、医師などにご相談ください。

次に、エチラームというデパスのジェネリック医薬品として、インドで製造され、海外で販売されています。
効果効能は、デパスと同じ不安や緊張感をやわらげ、落ち着かせたり、筋肉を緩めたり、持続時間もデパスとほぼ同じと言えます。違いは日本国内では、認可されていないため、エチラームを購入することはできないですが、海外では、ジェネリック医薬品ということもあって、低価格で購入することが可能です。

デパスとエチラームはじめとする抗うつ薬は、うつ病の原因の脳神経の情報伝達物質のバランスをを整える作用があります。